徒然日記Mk-V

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京バベルを歩いた六日間(後編)長いよ・・・かなりな!!!

<<   作成日時 : 2012/10/22 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

書いて満足して上げるの忘れてた!!!  
以下9月25日の日記です↓

画像

いよいよ大本命のリリスルート!!ソフマップで購入した俺はこの娘の抱き枕カバーとラジエルの下敷きが特典だ!!まあ多分使わんが・・・いや・・・正直リリスさんのはこう・・・使いにくい・・・ほら何かこう・・・うん・・・。では気分を変えてやっと封印されてた選択肢を選んでリリスルートへ。なんかこのルートだけ選択肢が少し多かった気がしましたよ。
このルートは言わば解決編。まあプレー済みの人くらいしか目を通して居ないでしょうから。
まずはリリスのルートは暫くは特訓ばかりですね。最初はリリスが、その次にルキフグスに特訓してもらい・・・第2階層への巡礼へと行くのですが・・・ここで第2階層のボスのサマエルが登場!!ある意味このルートのメインヒロインです!!いや、もうサマエル可愛いよサマエル!!


画像サマエルはこう見えてかなりの実力者、この時点では神災を引き起こした者とまで言われている存在なので、刹那は修行をしてからサマエルの居る第2階層へ向かう事に・・・刹那の修行には、カマエル・ラジエル・ベリアル・ルキフグスそれにアスタロトまで総動員されることとなった。いいよ開戦!!ペットのバジリスクを叩き切ると即座に戦闘開始!!サマエルの戦闘方法はその手に持つデスサイズと毒を用いた攻撃!!だが、ここでも刹那のナノマシン大活躍!!サマエルの術を破りながら戦いそのまま外へ!!そう、東京バベルの外へと舞台移された!!だが、ここで第三者の介入が!!それはなんとリバイアサンだった。
 そこでリバイアサンは衝撃的な事実を突きつける。サマエルは既に死んでおりその死体を自分が管理していると言うのだ、では今ここに居るサマエルは?これはラジエル編や空見編でも明かされているのですがアスタロトの秘術によりサマエルは殺される度に新しいサマエルが作られていて、その事を知ってるのは協力してたイヴとメタトロンやレミエルなど限られた存在だけだろう。このルートではサマエルがその事実を突きつけられるんですね。今まではただ殺されてるだけだったんですが、ついに真実を知ってしまうんですね。こんな可愛い娘なら戦闘能力を一切排除した状態のサマエルを一体注文したいくらいです。
 お願いアスタロト様!!ミカエルとホモホモしい事してないでこっちにサマエルちゃんプリーズ!!そして、その事実にサマエルが崩れかけるが刹那の言葉で再び戦うことを決意し再度戦い、サマエルが以前見せた合気の技で逆にサマエルを倒すと言う芸当をしイヤミっぽく勝利する刹那。そして二人は戦い終わった後にサマエルの正体について考察し、再会を誓って・・・サマエルは灰となった。思えばラジエル編ではイヴに消され、空見編では廃棄処分・・・地味に酷い扱いだなオイ!!だが、そんな刹那にもお仕置き。いやご褒美が待っていた!!


画像
美少女三人による本日の戦闘で傷ついた身体への治療行為で〜す!!もう、天使と悪魔に囲まれて刹那さん・・・マジで童貞のピンチですぞ!!それを(> <)←こんな感じで見て写真撮ってる未来人も中々に鬼畜ですな・・・やはり刹那はこう言うハーレム耐性無かったか・・・そりゃあ実質時間の概念無いとは言え生後1年未満だからな刹那・・・いや発表されたのがそれくらいだから実際は培養槽の中から出て2年くらいは経ってる設定か・・・まあ童貞なのは揺るぎない・・・イケメンなのに・・・orz
その後、悪魔と天使の飲み会でベリアルやカマエル達と飲み明かす。微かな疑問を残しながら…・で、今度は屋上でリリスとイチャつく回ですなwww


画像
ロマンチックを求める清純派(笑)のリリスにより雪を降らせてついでに気温も寒くなって肩を寄せ合う二人。ロマンチックを止めたくないリリスさんの為に今日もナノマシン全開の刹那はロマンを破壊するのに適してるわwwww
そこでリリスは刹那に神として作られた事について問い、さらに自分自身についても語りだす。ここに居るリリスはリリスであってリリスではない・・・リリスは実は幻影で本体が別に居るのだ。
そして今まで旅を助けていたリリスは幻影のリリスで、そのリリスは自我、東京バベルで言うならレゾンデートルを持ち始めている事になるらしい。そして二人は互の胸に手を当て誓を立てる。どちらが早く自分を見つけるかを・・・。そんな二人が決意をした最中事態はかなりの速さで進行していた。アスタロトは東京バベルを維持する事に固執し、イヴは世界を、天使も悪魔も全てを滅ぼす為にアスタロトと袂を分かつかを思案していた。そもそも二人はあくまでそれぞれのルートの黒幕に近い存在だった。故にこのリリス編では中ボス止まりなんですねぇ・・・そしてそう言えばもう一人いましたね・・・空見ルートではラスボス一歩手前のメタトロン様が・・・では彼はどうなっているのか?前ルートと同じなら神を倒している筈・・・が、なんと彼は倒されていた・・・メッセンジャー・・・レミエルに・・・。え?ちょ・・・メタトロンさんマジすか!!あんなにやべぇ強すぎだろコイツみたいな描写されて真の黒幕的な紹介のされ方してたのに瞬殺ってまじすか!?


画像
そして現れる本当のラスボス・・・そう、ラスボスはリリスの本体です!!(と、この時は思っていましたよ)つまり幻影のリリス、いつものリリスに対して本体が居てそれが画像の羽付きリリスです。何か羽付きギョウザみたいな紹介ですが、そしてレミエルに今まで指示を出していたのはこのリリス。そう、メタトロンですら手のひらの上で遊ばれていたのだぁ!!さらに羽付きリリスは幻影リリスを消すようにメッセンジャーに指示を出し深手を負ったメタトロンと二人だけになる。そこでメタトロンは少し話を聞いて消滅するんですが、ミトラースをこっそり逃がすんですね。まあ自走機能付けておいたらしく勝手に逃げたんですな武器が・・・これがリリスの計算違いの一つになるんですが、それはまだ先の話。そして、いきなり第3層でリリスがメッセンジャーにやられてしまいます。レミエルさんマジ瞬殺。こう言う時の演技は流石声優さんだわ・・・黒い黒いよメッセンジャー!!
その後、リリスの死体を学園へと運ぶ事になった刹那たちだったのだが・・・そこで刹那はリリスの死体に言い知れない違和感を感じた。そしてそれはパンドラの自室でボロボロになった自分の上着を見つけてさらに不信感が強まる・・・リリスを失った喪失感とそれに関する違和感が刹那を支配している最中、あっさり復活しやがった俺らのメインヒロイン!!サマエルちゃん!!なんか刹那と会話していると偽物語を思い出す。中の人的な意味で、だがここでサマエルはとんでもない爆弾を置いていく。地獄に行けると言うのだ。しかもそこにはもう一つの東京バベルが存在していると言うのだ・・・地獄は水没した筈なのに、どうして?だが、そこにリリスが居るのならと他のヒロイン達と別れを済ませついでに地獄の番犬「けるべろす」を連れて行く事となり、リヴァイサンと合流すべく東京バベルの外へと出るのだった。

画像

地獄へ突入するのは、天道刹那・堕天使サマエル・地獄の番犬ケルベロスの二人と一匹だ。リヴァイアンに地獄の付近の海域で降ろしてもらい、そこからダイブ!!そのままケルベロスの力で地獄の扉を開いて中へと侵入を果たすと・・・そこは東京バベルだった・・・正確には東京バベルの原型となった場所だった。そこで刹那は気を失った一瞬にリリスと邂逅する。やはりリリスは生きていたのだ。そしてメッセージを伝えると同時に刹那は目を覚ます。その後、バラバラになっていたサマエルと合流する刹那だったがそこで爆発音のする方へ向かうとそこにはなんとカマエルと戦うケルベロスの姿が・・・。
なんとカマエルの偽物が現れたのだ。苦戦はしたものの何とか撃退する刹那一行・・・。ここでこの原型の東京バベルは上から入った状態なので第7層からスタートとなる。つまりは新宿から神田とか築地とかに降りる感じになる。今までは渋谷から登っていく感じなのに対して地獄へと降りる。文字通り天国とは真逆の進行となっている。リリスの言う病院は第2層にある為に順に降りていくとそこではラジエルやベリアルを始めとした今までの仲間のコピーが待ち受ける。辛くもそれを撃退し、リリスのメッセージに示された病院へとたどり着く一行。途中でロリリスの妨害にあいながらも遂に目的の病室へと到達する。そこにはリリスが居た・・・知らないリリスが・・・。これは上品リリスとでも名付けよう、つまり彼女も幻影の一つと言う事です。そこでリリスが第0階層コキュートスへと向かった事を聞く・・・それを刹那たちも追う事になったのだが・・・そこにメッセンジャー事レミエル再び!!黒い黒いよ!!レミエルさん。しかも地味に四大天使と同格だったなんて・・・もっと小物だと思ったのにぃ・・・。


画像
ケルベロスとサマエルにリリス達の護衛を任せ一人でレミエルに挑む刹那、だがレミエルはその圧倒的速度で刹那を追い詰める。四文字熟語的にwwwww
刹那も体内のナノマシンを活性化させその音速・光速に匹敵する速度を徐々に追いつき始めた時にいきなり目潰し!!えげつないよ・・・マジで・・・だが、それさえも退ける刹那の一撃!!最後は命乞いまでするレミエルたん。なんて言うか一番人間的な天使でしたね。結局はミカエルの持っていた地位が欲しくてその為に仲間を裏切り続け死んでいく・・・人間の汚さを持った感じの天使です。そしてリリス達からリリス本体の情報を聞くがリリスの本体の正体が分からない、だがここで上品リリスが、リリスの能力を発表その能力とは・・・”囁き”そう、囁くだけ・・・・・・なんて思ったそこのアナタ?この囁き・・・あらゆる並行世界に届くんですよ・・・しかも誰の心にもストンと入る・・・しかも羽付きリリスは本体なのでその囁きを自分の声として認識させない・・・即ち、自分がふと思ったと勘違いさせる事が出来る・・・。
だからこの神災を起こした本当の原因はリリス・・・・・・リリスは囁いた・・・神にもラジエルにもイヴにもサマエルにもアスタロトにもメタトロンにもミカエルにも・・・自分の心の内をさらけ出され互いに殺し合わせた・・・そう自分が考えたと思い込まされて・・・。ラジエルは自分が永遠の概念を話した・・・狂った神に教えるように言われたからだ。では神はどうして狂ったのか?それはイヴが神を壊したから、それをメタトロンが利用しようとしたに過ぎない・・・ではイヴは何故?そう、リリスに囁かれた・・・。他の全ての天使と悪魔と人間もその行動がうまく行くように誘導された・・・。気づかないままに他者を操る・・・悪魔地味た能力が・・・リリスの能力・・・。
それを聞いた上でコキュートスへと向かう刹那だったが、ここでサマエルが離脱発言、しかもケルベロスも一緒に離脱だ・・・実はこの時にサマエルは刹那がこの後リリスと対峙した際に負ける事が分かっていた為に色々と策を巡らせる為に東京バベルへと戻ったのだ。そして刹那はリリスの元へとたどり着く・・・だがそこには玉座に悠々と座るリリスが居た・・・ちなみに髪の毛が白くなってます。文字色はここから取ってたんですよコレがwww
そして刹那はリリスを助けに来たがリリスはなんと正気だった・・・てか正気そのもので本体リリス(ティアマト)と融合を果たしていた。そしてその能力はチートの一言、成す術なくなく敗北する刹那、だがここでサマエルとケルベロスが戦線復帰!!ケルベロスと刹那を逃がし一人戦うサマエルだったがほんの一瞬しか時間も稼げずズタボロに・・・だがここでついに原初の海の覇王!!リヴァイアサンが亜空間7つを突き破り登場!!リヴァさんマジパネェっす!!乱入したままサマエルを逃すとリリスと対峙するリヴァイアサン、そしてリリスはこう言う、自分はリリスではなくリリスであったもの吸収した者を合わせてティアマット・リリスであると。そうティアマット、リリスが拾い食いしたのはティアマトだったんすね・・・てかティアマットって龍じゃなくて女神だったのか・・・始めて知ったわ・・・。一方ケルベロスに助けられた刹那は


画像
メインヒロイン見せ場来たぞコラ!!刹那は死ぬ寸前でケルベロスが体内に吸収し延命を施していたのですが、刹那を助けるためにサマエルは自らを刹那の一部にする。つまり融合する。当然サマエルは消えてしまう。刹那の為にだ。いや、これさエヴォリミットのココロ思い出しちゃってさぁ・・・涙が止まらない〜。刹那は新生する偽物の神、偽物の堕天使、偽物の人が融合し生まれ変わる!!消える前にサマエルが「さあ行こう、お兄さん!!行っちゃおうよ!!そして理不尽へ反逆しよう!!」最後にそう言い残し遂に刹那完全復活!!そして、ここにケルベロスに跨り七大罪の剣を持つ者が覚醒した。
一方で刹那以外の者達も選択を迫られていた。アスタロトがついに反逆を開始し、空見を狂ったウリエルに誘拐させ、リヴァイアサンを倒したティアマット・リリスは天国でアダムとイヴを待ち、この世界の東京バベルを含む全ての破壊を促した。一方で空見を救出する為にラジエルとカマエルがウリエルに挑む!!なんとか空見を奪回するも。今度はなんと学園・パンドラがアダムとイヴによって陥落させられてしまった。悪魔や天使たちはダンタリオン2人を残して皆脱出した、2人は図書館とともに最後まで残る事を決めそこで始めて小説を書いた・・・生まれて始めて・・・そして消えて行った。だが2人はアダムに対し必ずお前を倒す者が現れると予言する。そしてその男は来る!!ケルベロスに乗って!!そして始まる偽の神だった何かと原初の人間との一騎打ち!!

画像 
最初は互いに剣での戦い、ミカエルの剣とウリエルの剣ともに4大天使の武具での激しい剣戟、だがそれで決着が付かない・・・なのでここは漢らしく殴り合いが始まった。そして何発も拳を交えた後に刹那はアダムの心臓を手刀で貫き決着が付いた・・・。そこでアダムから赤龍の心臓、空見ルートで剣にして使ってたアレを刹那へと託した。そしてアダムはイヴと共に何処へともなく去る事となった。
イヴはこの時に始めて満たされていた。アダムを自分のものにしたと言う点からも世界を崩壊へと導いたと言う意味でも・・・。
一方で未来を目指す一行は空見のゲテルの瞳で未来へと行く決意を固め都合5000人の天使と悪魔が従っていた。そこに現れるアスタロトとルキフグス、そこでアスタロトは空見に対してある賭けを持ちかける。それを飲む空見、賭けの内容は単純に勝った方が言う事を聞くと言う事だ。
そしてアスタロトは自分の相手を待つ存在理由を展開して・・・そう、天道刹那を!!ここでアスタロトとミカエルの話を少々、大天使ミカエルとアスタロトは色々あって仲が良くて、とてもホモホモしかった。まあイシュタル混じってるからホモではないのか?その2人は親友と呼べるに等しかったが、アスタロトの存在理由つまりレゾンデートルが”愛憎”だった事が、悲劇の始まりだった。愛憎とは愛しい思いと、そこから転じて憎む気持ちの二律背反、可愛さ余って憎さ100倍みたいな感じだ。故にミカエルが東京バベルを作り、コーラスによって狂って死んでしまう寸前にミカエルはそれを満たさせる為に自分を殺させた。そして自分を愛させる。まさに愛憎・・・なのでアスタロトは狂わずに東京バベルを守る事にした。ミカエルの遺言通りにだ。なのでこの東京バベルをずっと存続させ守り続けると言う間違っている使命を自ら認識しながら、それを守る事を決め刹那の前に立ちはだかる。自らの愛憎故に・・・。


画像


まず第7層の新宿を灰色の世界にするアスタロト、そしていきなりボクシング!!これには理由がありまして、この灰色の世界は彼の存在理由の愛憎ゆえに殺意のある攻撃は届かないと言う法則が成立する。つまりボクシング=スポーツなので攻撃が届くのですが、刹那の攻撃は殺意が出まくりなのでダメージ判定がされずに大ピンチ、一時離脱し体制を整えるが、今度はその灰色の世界を解くと、アスタロトはモノクロームワンと言う白黒な弓を出す!!この弓も凄く質が悪く、白い矢と黒い矢の二種類があって白い矢はあらゆるもの貫き、黒い矢はささると相手に毒のように浸透し相手の精神を操る・・・。それが豪雨のように徐々に刹那とケルベロスを追い詰め始める始める。数も最初は2本がドンドン増え捌くのすら怪しい。
まさに絶体絶命の刹那!!だがここで遂にこのルートで初めて彼のレゾンデートルが開放される。理不尽に反逆し、より強い理不尽により理不尽を妥当する。それが楽しい!!自分の存在理由が開放された事により彼のレゾンデートルは最高に高まり、さらにアダムから貰ったエリュトロンカルディアが解放される!!そして七大罪の剣、ペッカーティの剣と二刀流になりケルベロスに跨り刹那はついにアスタロトへと肉薄する!!だが、ここでエリュトロンが折られる・・・ように見せかけペッカーティの剣を犠牲にする・・・。ここで幻惑を見せ挿入歌インは燃える!!
そしてその鈍色の剣が砕け散る中、刹那がおそらく時の氏神から作り出したサフィロス・カディアとアダムのエリュトロン・カディアを一つにする!!我が真紅の心と我が真蒼の心が融合しここに、我らが金剛不壊の意志‐アダマース・カディア‐を産み出す!!!その一撃がアスタロトを切り伏せる!!そして勝利!!
刹那は先を急ぎ天国へと向かい消滅寸前のアスタロトは最後にミカエルの幻惑を見る・・・。
その後、未来へ行く空見たちを見送ると刹那はコキュートスへと向かうのだが・・・。それと時を同じくカマエルとウリエルも決着が着いた。どちらも相討ちだった。ここは感想で書くかな。結構好きだった。


画像 そして、ティアマット・リリスとサタンにしてヤオダバオトとも呼ばれる存在となった刹那との戦いが始まる・・・と、思ったら案外瞬殺なんですよね。まず、このティアマット・リリスは物凄くチートなんで能力が世界改変なんで避けられません。世界を変えて来るんで、 刹那が避けられたのはリリスが口でバンとか言っていたので予測出来たのでしょうね。まあそんな感じで100%倒すのは無理かと思わせといてほぼ瞬殺しますティアマットさんを・・・方法は簡単、彼女の出自は神さまです。そして存在理由が今日や絶望なんですがね・・・刹那も一応神様になろうとして作られたんすけど・・・無理ヤダってなってその神に縋る希望とかをデータ化して体に染み付いてたんですよね・・・100億人分・・・。まあ、なんでその希望と言う名の神に縋ろうとする怨嗟を、全部具現化してティアマットにぶつけたらどうなるか?簡単に物量で1000年間貯めてた絶望より100億の神を希望とする意志が相手を呪い殺すんですね・・・まあ神様にだから効く方法すな。
 分かりやすく言うとアレですね。神社でお賽銭入れてお参りするけど1人2人なら神様も叶えてやるか的な雰囲気になるけど全地球の人口が一斉に祈りだしたらキャパオーバーになるでしょ?むしろ希望言われまくってパンクしちゃう神様限界ですらめぇ〜♪みたいな?
なんせティアマットを始め神は人間が生み出したとなっているから・・・つまり人の希望を叶える神様と言うシステムを逆手に取って刹那は破壊したって事になるんでしょうね。まあ地球1個分の祈りはコーラスなんか比べるまでもなくで、弱ったティアマット・リリスからリリスだけを切り離して、ボロボロになったティアマットだけを・・・ここで満を持して登場!!メタトロンの形見!!神滅兵装ミトラース!!読んで字のごとく!!神を滅する兵器!!それでティアマットを消滅させて、終わりでは無く・・・。
 最後にデートをしようとするとロリリスや他のリリス達がヤコブの梯子を作り刹那がゲテルの瞳を無理やり作り出しなんと力技で未来へ!!あのまま滅んでいたらリリスBADエンドで、ブログの前編の記事の最初の画像がリリストゥルーエンドです。リリストゥルーは刹那とリリスは未来へとはたどり着きますが、互いに別の並行世界へと分かれてしまう。その途中で空見やラジエルの助言によって並行世界から戻ったリリスと再会→積乱雲エレジー→エンドてな感じで、これからまた四人で楽しい日々は続くよ的な終わりです。正直このEDが一番良いのでは無いだろうか?で、残りが刹那ED・・・つまり真エンドですね。


画像

リリストゥルーでは並行世界へと分かたれた2人がもし同じ世界へとたどり着いて居たら?そこで刹那は初めて自分の為に泣きます。上の画像ですねぇ・・・。
そしてその後世界は世紀末へ・・・どうなってんだよ!!オイwwwww
そんな世紀末世界で不条理と戦い続ける刹那とsの背中を守る事決めたリリス。2人の世界への反逆は終わる事も無く・・・てな話を近所の子供にイヴさんが話して、2人は今も戦っているんですね・・・みたいなEDです。まあ刹那の最後のアスタロト戦で不条理を倒すのが存在理由で楽しいぜ!!ヒャッハー!!になってたからある意味これが真EDで間違いは無いんでしょうが・・・。


ここより総合感想&批評読みたくない人は読まないで











 東京バベル・・・作品としては中々に厨二テイストでかなり好みでしたが、なんか聞いた事、見たことあるなぁ・・・そうかメガテンUか!!で、全てが解決してしまった・・・orz
 登場人物は誰もが個性が立ってましたし魅力もある、しかもエロゲでは限られていたCVが全年齢作品なんで使いたい放題、主人公に神谷さんてのは悪く無かった。ヒロインの声優も売れ筋の人たちばかり、まあ俺はレミエルの田中さんとかケルベロスの仁美さんとかもかなり良かったが、後は男性のCVはベリアルの稲田さんとかメタトロンの堀内さんとか・・・オッサンが全体的にいい仕事してたなwwww
ヒロインズの3人も普通にメインヒロイン張ってそうな人3人もだからな・・・サマエル入れれば4人か・・・。
 各ルートとしては、ラジエルはトゥルーでも救いは無かったが、紛争地帯でいぇ〜いみたいな謎の終わり方でしたな・・・。なんだあの天使は戦場カメラマンにでもなったのか?まあ、すべてのルートの伏線やら説明的な犠牲になったのだ・・・。それとラストのキングギドラをもう一回位は使いたかった・・・。
 空見は女子力高かったね!!ヒロイン力って言う奴?囚われのお姫様ポジ、少しおバカ、健気で一途・・・今の世のヲタクが処女であって欲しい女の子だねぇwwwwwまあ生まれてすぐ未来から来たんだからお前らの希望は叶うぜ!!メタトロンやイヴそれにアダム達が輝いていて、この頃からアスタロト&ウリエルは中ボス扱いに・・・orz
 そして真EDとサマエルリリスルート、リリスは良いとして(オイ)サマエルが本当にオイシイとこ全部持って行きましたね。てかサマエルルートのFDはまだですか?前二つのルートで完全に敵だったのにこのルートでは一転メインヒロイン張りの大活躍をケルベロスと一緒に魅せるサマエル。18禁なら絶対に3回はヤってるなwww
最後はリリストゥルーは大団円な終わり方で、刹那エンドは、レゾンデートルと言う本作のテーマに一つの答えを見出した終わりでは無かろうか?なんてカッコイイ事言ってみる。
次にCVとは別に好きなキャラは、サマエル・ダンタリオンズ・レミエル・アスタロト・リヴァイアサンかな。サマエルは上記した通りリリスルートではメインヒロイン級の大活躍!!ダンタリオン達は何かよく分からないが気に入った!!色んな意味で、レミエルさんとアスタロトは妙に人間臭くて特にアスタロトは愛憎という存在理由をうまく描けていたと思います。なんて言うのかな?いつまでたっても小学生って感じで、好きな子に意地悪したいけど大好きみたいなのが大きくなりすぎたんでしょうね・・・悪魔なら尚更・・・。レミエルは最後まで上を目指して最後は堕ちるなんて本当の意味での堕天使・・・ゆえに美しいその堕ちた姿は天を目指した人そのもの・・・。リヴァイアサンは良いトコ持っていくなぁ・・・。カッコイイ大人の典型だよ。老兵は去りゆくのみ・・・みたいな引き際も良かった・・・。
 最後に絵は好き嫌いが別れますね。OP曲とED曲はそれぞれ標準以上に良い曲です。特に積乱雲エレジーはエンディングって感じで良かった。全体的には良作かな?80点以上は軽くあった。
では、長々とこれにてバベルの感想記事終了っす。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京バベルを歩いた六日間(後編)長いよ・・・かなりな!!! 徒然日記Mk-V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる