徒然日記Mk-V

アクセスカウンタ

zoom RSS 「脳内彼女?いいえ!!ただの幽霊の桜花ですっ!!」 花の野に咲くうたかたの 体験版 感想(前編)

<<   作成日時 : 2015/03/12 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

  桜花可愛いよ桜花!!と、言う訳で今回は、今月末、3月27日に発売予定の 花の野に咲くうたかたの 体験版の感想を書いて行きます!!ブランドはあっぷりけ!!あかべぇの姉妹ブランドで数少ない良作を出しているブランドです!!そうそう、 僕の一人戦争終わりましたよ!!ええ、クソゲーでしたね!!良いとこ探せば有りましたがクソゲーです!!だって探さなきゃいけないくらいつまらんかったんで!!主人公が最後まで好きになれませんでした・・・車輪やG線上と同じ人が作ったのか疑問が残る位の最後のやっつけ仕事は酷いもんでした!!で・す・が!!この作品はその心配は無いでしょう!!なぜなら、コンチェルトノートや黄昏のシンセミア等などの良ゲー、神ゲーを輩出しているブランドだからデース!!実際に体験版もじゅうぶんに楽しませて頂きました!!では書いて行きましょう!!

画像

  今回の主人公は・・・例によって若干の特殊能力者と言うあっぷりけの桐月さんのお得意のキャラ設定の主人公ですね〜!!過去に事故に遭って特殊能力付与とかも進也とか孝介さんに似てますしこう言う設定多いっすねえ・・・だがテンプレを守る!!それでいい!!下手に作風変えたりファンタジーとかに手を出したりするよりかは100倍良い!!そんなわけでこれは現代ファンタジー作品と呼べるものでしょう。主人公は「色」を見る事が出来ます。決してエロい意味では無く、その人のオーラ、纏う雰囲気を色で視れるような能力らしいです。そしてそれを周りの人間は「勘が良い人間」として捕えていたようです。
画像

 そんな彼「新堂道隆」が引っ越して舞台となる桜花壮に越して来た所からスタートです。そこでまずお隣さんで管理人さんと幼馴染と言うこれまたテンプレな美人姉妹が待っています。件の桜花壮は彼女たちの祖父の持ち物だったそうで、別名「幽霊屋敷」ただ古いだけだからそう呼ばれていたのでしょうが・・・2人と別れさっそく心霊現象を目撃する主人公そしてその夜に出会ってしまいます!!そう幽霊に!!

画像  で、幽霊はこんな感じだった・・・。こんな可愛い幽霊なら是非来て欲しい!!いやマジで!!しかし現実は甘くなかった・・・触れない・・・だとぉ!!なんでだよっ!!こう言うのは主人公だけ見えて触れてヤレるもんだろぉ!!!←(切実な叫び)
しかもこの少女、桜花は自分にだけ見える幽霊・・・では無くて、なんと自分の想像の産物のようなものだと言われてしまう。正確には、”桜花壮に住んでた人の思いが影のようになったもの”らしい・・・あれですか?私は貴方の影!!ペル●ナですかっ!?受け入れたら消えちゃうんですかっ!?ま、色々と謎ですが、主人公の思いが思いの結晶を具現化した姿としてこの少女に見せているらしいです・・・つまり自称「脳内彼女」と言う事です・・・。えっ!?
  妄想が自分で妄想だとか言うかね・・・ま、それはそれで面白いから良いけど・・・。そして彼女と言う存在を消す方法は自分が納得すれば自然と桜花は観えなくなるらしい。つまり桜花が何者であるかを主人公が納得し理解したら存在自体が消滅するらしい(んなもん本当は必要ね〜んだけどな
  なので桜花を知ればそれが納得した事になると考えた2人は、桜花壮内にある書庫を調べる事にしたのだが・・・桜花壮について記述された書物その他に記録も見当たらず徒労に終わってしまう・・・そこでさらに詳しく調べようと考え図書館へ行こうと考えた。しかしながら桜花は桜花壮から出る事が出来ないので必然的に主人公・道隆だけで行く事となる。そして道隆は隣の幼馴染姉妹の攻略が出来そうな方(姉も場合によっては可能な気が・・・)の汐音(しおね)とファミレスでお昼を一緒にとる事になる・・・。ちなみに汐音は上の画像のツインテールの少女だ。そして、ファミレスで新たなヒロイン追加頂きましたー!!
画像

  新しい女の子だよ!!やったね!!名前は薬師涼子ちゃん!!後輩です!!可愛いです!!癒し系です!!道隆君の行きつけのファミレスでバイトをしている少女です。彼女は近々道隆や汐音の学園に後輩として入る予定なのです!!中学が同じだとか確か言っていた気がします。そこで軽く昼食を取り汐音と別れると目的地の図書館へと向かいます・・・そしてそこで幼馴染の金髪少女と再会します!!

画像

  彼女は井之上麗奈、何かが原因で最近は道隆と会えてなかったようなのですが、それでも仲の良い幼馴染の一人だそうです。どうやら道隆と汐音そして麗奈の3人は以前は良く遊んでいたそうですが・・・最近はご無沙汰だったみたい・・・それも件の女が関わって居るのでしょう・・・その件については本編をプレーすることをお勧めします。そして彼女に実は引っ越したと言った瞬間にキレました〜♪最近のキレやすい若者ですね〜!!
  麗奈ちゃんも例に漏れずツンデレ?クーデレ気質全開です。その後は図書館で騒ぐと言うお決まりのパターンをやらかした後になんとか誤解を解いて麗奈を落ち着かせ、図書館に来た理由を話したりしていると本来の目的を思い出す。そう桜花壮について調べるのです!!でも図書館でも結局良い資料は無く取り越し苦労に・・・仕方無しに外に出ると麗奈ちゃんがやって来た!!お前帰ったんじゃっ!?みたいな事を話していると一度家に戻り桜花壮に関する資料を持って来てくれたのだ!!麗奈ちゃんマジ天使!!クーデレ可愛いよ!!それを受け取り桜花壮へと戻る道隆、そして桜花にその本を見せる事に・・・。
  それは道隆の知ることのない桜花壮の歴史・・・それを本をめくる事が出来ない桜花に変わって見せて行く道隆・・・本を途中まで読み進めると突然桜花が立ち上がる・・・。そして道隆も気付いてしまった。桜花の事を知る事が出来たと言う事に・・・それはつまり桜花の消滅を意味する・・・。そして桜花は消えた・・・道隆の目の前から・・・。
  その翌日、桜花の消えたショックから立ち直れないまま麗奈に借りた本を返しに涼子ちゃんのバイト先のファミレスで合流する2人、しょんぼりしている道隆に麗奈が気合いをいれて何とかいつも通りになり涼子も安堵して2人と別れ桜花壮へと帰る・・・癖で玄関でただいまと言う・・・当然誰も答えてくれない・・・がっ!!なんと上の自分の部屋で会話が聞こえるのだ。一人は桜花壮の管理をしている千歳だろう・・・ではもう一人は?急いで階段を駆け上がるとそこには・・・。

画像

 「ばれてしまった・・・案外早かったな」え・・・なんで居るのおおおおおお!!昨日消えた筈なのにぃぃいぃ!!ま、結論から言おう上での桜花の説明は全部ウソだった・・・。彼女は脳内彼女ではなく、ちゃんとした幽霊だった・・・そして茶も飲むし茶菓子も食べるし、本も読める・・・つまり・・・触れるっ!!そう、今までのはなんか触れないように自分で調整してただけらしい!!すげえな幽霊!!逆に言えば本も読めるように触れるし昨日の事も全て演技、そして本来の一人称はなんと「ボク」いたずらっぽい笑顔で道隆に握手を求めよろしくと言う桜花、それを照れながらも喜ぶ道隆・・・。これにてプロローグ終幕・・・良い最終回だった・・・ってオイ!!ここからだよ!!ここからが名探偵桜花とその助手・道隆の様々な難事件を桜花の推理と道隆の能力で解決していく楽しい楽しい物語の始まりだよ!!そしてこれは2人の出会いの物語なんだよぉ!!
 ここまでの感想としては・・・プロローグでは、そこまで引き込まれませんでしたが、次の後編からの謎解きパートからがこの作品の面白さの真骨頂ですっ!!そう安楽椅子探偵・桜花の始まり始まり〜!!それにしても相変わらずこのライターさんのシナリオは読みやすいです。今作でも衰えてないようなので安心しました。紅蓮華以降見てなかったので少し気になっていたので、あくまで俺の感覚としてはシンセミアよりもコンチェルトノートに少し雰囲気の似たこの作品・・・購入は確定ですっ!!では、前編はここまで!!後編も近い内に書きます!!発売予定日は3月27日ですっ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「安楽椅子の探偵?いいえ!!名探偵桜花ですっ!!」 花の野に咲くうたかたの 体験版 感想 (後編)
 それでは後編スタートです!!プロローグの桜花との出会いはここを見て頂けると幸いです。なので、春休みも終わり新学期です!!世間では新学期ではまだ無いですね〜お兄さんは新学期なんて過去に置いて来ましたよ・・・(遠い目)学生なんて・・・あ、一応3年前まで学生か・・・ま、院生だけどwwww  そんな事はさて置き、新学期スタート!!桜花も消えたりしないけど朝からどこに行ったか不安になりながら道隆は学園へ・・・そしてクラス替えと言う懐かしい響きを見ながら色々な新キャラたちが・・・!! ...続きを見る
徒然日記Mk-V
2015/03/27 02:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「脳内彼女?いいえ!!ただの幽霊の桜花ですっ!!」 花の野に咲くうたかたの 体験版 感想(前編) 徒然日記Mk-V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる