徒然日記Mk-V

アクセスカウンタ

zoom RSS 館ミステリー!?無料ゲームのススメ 『月影のシミュミラクル』 の感想 (前編)  

<<   作成日時 : 2017/01/22 20:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 久しぶりに良いエロゲを紹介出来そうなので記事を書く事にしました。来週!!つまり1月27日に二つ!!中々におススメのものがありますぜ!!ま、いつも通り体験版を交えて軽く紹介して行きましょう・・・と、思ったら今回紹介するこの月影のシミュラクルはなんと無料-タダ- なのです!!ここ大事、タダです。
 作品の詳細の前にまずはブランドはあっぷりけさんです。有名な作品は黄昏のシンセミア等ですね。俺としてはコンチェルトノートの方が好きなんですが・・・。とにかく全体的にシナリオで魅せるゲームを作られるブランドですね。つまりはある意味伝統を守った典型的なノベルゲーです。難しい事は無く読んで選択肢選んで気になるとこでセーブしてって感じです。詳しくはここで、DL出来るのでぜひやってみて下さい。

画像

  舞台は田舎の観光地?みたいな伊沢と呼ばれる地、その地を故郷とする主人公・卯月誠一が上の画像の少女・如月零から手紙を貰い帰ってくる所から物語はスタートします。二人は親戚で遠縁なのですが、色々あって子供時代から一緒に育ってきたような間柄のようです。なんか最初はコンチェルトの進矢&莉都を思い出す感じですが・・・プレー後からの視点ですと、この二人はそう言う感じとは少し違いますね。そして幼馴染同士の感動の再開なのですが・・・真っ先に胸に目が行くのは仕方ないね!!所でこの零ちゃん、大金持ちのお嬢様です。それを象徴するお手伝いさん(メイド)や山奥の屋敷!!つまりお屋敷の御令嬢!!それが今作のヒロインです。
 そんな彼女の家は、昔はからくり人形作ってたらしいのですが、現代では名家として伊沢一帯を仕切っているIT企業とかになっているみたいです。街への影響も凄くてそこら辺はゲーム内でも遺憾なく発揮しています。そんな感じで一族内で争いが凄いあったらしいんですが、そのイザコザとは全く関係無かった分家の主人公とは利害関係無く付き合っていたので遠く離れていても仲が良かったみたいですね。再会を喜ぶ二人はそのまま屋敷の中へ・・・すると・・・。

画像

 一人の少女が慌てた様子で玄関のホールに・・・彼女は水無月 一葉。元々は如月家の遠縁で、昔火事で両親らを亡くしてしまった為に零の家に仕えるメイドのサエさんに拾われ主人公や零と一緒に育てられてた、もう一人の幼馴染です。しかも今はサエさんと一緒にメイドをやって零に仕えているようです。零や周りは「やらなくても良いんだけどなぁ・・・」みたいな感じなんですが、本人が恩を返そうと必死になっているので止めない、そんな感じです。ですけど、どうやら主人公の誠一くんをお出迎えする予定が寝過していたらしく慌てて飛び起きて来たようです。
 その後、荷物を解いたり色々していたら今回の用件を改めて零から話される事に・・・それはとある儀式への参加なのですが、上でも書きましたがこの如月家は過去にからくり人形で財をなしていた家で初代が作った人形が凄い完成度で人間と見紛う程だったらしく、その人形に関わる儀式らしいのですが・・・それは後で書きましょう。そして翌日、買い物をするついでに、昔馴染みに会いたいと考えた誠一くんは零に頼んで街へと向かう事に、そう、ここは山奥のお屋敷で街へ出るには車で移動しなくていけない程なのですが、ここで車を出してもらい街へと向かう事に、向かう先は主人公・誠一と零の同級生が働いてる店へ行く事に・・・。

画像

 3人目のヒロインの登場です。野上美優、主人公が引っ越す前は彼女ともう一人を加えた4人でよく遊んでいて、家の事があってどちらかと言えば誠一くらいしか話せなかった零とも気兼ね無く遊んでいた本当の友人のようです。もっとも誠一が引っ越してからは疎遠になっていたみたいですが、そしていつまでもバイト先で長居はマズいと3人が立ち話をやめようとすると、店の奥から店主が出て来て「今日は上がっていいよ!!お嬢様が来てくれてるんだから!!」 と、これなんですが私の母の実家の田舎でガチであった事をゲームで再現されるとは・・・。(うちの母親一応昔はお嬢だったらしく・・・実際田舎帰るとただの主婦な筈なのにすげえ人が来るしな・・・)
 とにかく店主のいらん気遣いのお陰で3人で遊べる事になるのですが、避難先の喫茶店で零が美優に謝罪!!美優も焦ってお互いに気まずい空気に・・・。そんな中で主人公の特技?特性が話題に・・・主人公・誠一は時計などの機械類が触っただけでどこが壊れているか分かるような、どっかの正義の味方に憧れている奴みたいな事が出来たりします。その事でこっちに戻って就職すればと言う話題になった後に、3人で昔のように色々遊んだりしてその日は分れる事に・・・。儀式が迫っているので急ぐ事となり儀式が終わったら、また会おうと言う事に落ち着きました。そして次の日・・・ついに儀式が始まる。

画像

 儀式はこの人間そっくりの人形を用いて行います。ズバリ「婚礼の儀」と言うそれは、この零そっくりな人形(偶然似ている?)と、お雛様みたいな感じで飾られる事でそれを参加者、つまり一族全員に見せ続けると言うものです。そしてその相手役に選ばれたのが主人公だったのです。
 本来この役目は如月家の現当主がやることになっているのですが・・・現当主つまり零の父親は過去の火事の火傷が原因で車いす生活を余儀なくされており零や他の者の助けがなくては満足に着替えも出来ないほど弱ってしまっていて、その為にしがらみも無く且つ信頼している分家の卯月の家の誠一に頼んで来たと言う状況なのです。なんでもここで他の人間に任すと「え?俺が次の当主なの?決定じゃん!!」みたいな空気になるので他の人間には頼れないらしいです。

画像


常時この状態でしかも車いす生活なのでお内裏様よろしく長時間ジッと座っている事など出来ないのだ。しかもこの儀式は如月家の血縁の男子と言う制約がついており、代理を立てる場合それを頼めるのが分家でも遠縁の主人公しか居なかったのだ。もちろん血筋の近い分家も多いのですが・・・今でも権力争いが後を絶たず、主人公に頼るしか無かったと言うのが現状だった。とにかくこの人形の横でジッとしていれば儀式は終わる・・・なのでジッとしていると・・・。

画像

 人形が微妙に動いている・・・そして笑ったように見えた・・・。そこで主人公気付いてしまった。 「これ零じゃん!!人形じゃねえ!!おまえかよ!!」って・・・これが勘違いか当っているかは・・・ま、本編を見てると分かると思いますよ。その後も隣に居るのが完全に零であると思って色々考えながら、儀式は無事に終わった。そしてその夜・・・トイレに行きたくなったので用を足してくると廊下に人の気配が・・・ここで運命の選択肢!!!零ちゃんのオッパイを気にする選択肢とは違いここはターニングポイント!!悲劇となるか平和な夏休みを過ごせるかの分かれ道!!さあ!!どっち!!

画像

 明らかに上選べよ分かってんだろぉ?みたいな感じで「追いかける」を選ぶと悲劇が待ってます特にそのルートについては後編で書きますので、今回は平和な平和なルートの説明です。ちなみにこちらを選ぶと突然館ミステリーも真っ青な展開になりますんで気を付けてね?ま、このゲームの大部分は上の選択肢が占めているんで先にそっちをやるのが吉かと・・・。
 で、下を選ぶと翌朝に零に会って「昨日のおまえ?」「違うよ」で蹴りがついて普通に夏休みを満喫しました・・・で、終わります。(完)
 は?今のじゃさっぱり分かんねえよ!!ってそこの貴方!!大丈夫今回も総数16パートに及ぶ動画をご用意してます!!睡眠時間と昼の休憩時間を削り録画しております!!こんな感じでね!!



 では、後編でも書きますが、ここまでの感想とネタバレを少し書いていきますと・・・。流れ的にはシンセミアに似てるんですけどキャラ的にはコンチェルトって感じがしないでも無いですねえ・・・。零ちゃんが解放の羽では助け求めてるようにパッケヒロインやってるんで、卯月の家に囚われた姫君を誠一くんが助けるってのがメインの流れでしょう。でも実はサブルートの方に意外と期待してるんですよね〜シンセミアの時の先生とか結構好きだったんですよ(間違えて1番最初にクリアしてしまった)。
 すっかりナチュラルスルーしてしまいましたが、この作品はタダなのですが、1月27日発売の方は有料です。え?何言ってんのか分からない?つまりこれはお試し版って奴ですね。え〜これじゃ体験版じゃないですか〜やだ〜!!とか、思ったでしょ?でも1本のゲームとしては完成してますからね?その上で追加要素を加えた『月影のシミュラクル-解放の羽-』が発売されるんですよ!!なんでこの方式にしたかはここを読んでみて下さい。
 ま、つまりは制作者サイドの温情だよね?ほんとありがとうございます!!やはり、あっぷりけと暁WORKSだけは基本買い続けて正解だった・・・本家は・・・もうあの銃騎士事件と僕の一人戦争とか言うクソゲー掴まされたんで見向きもしません。
 黄昏のシンセミアや「花の野に咲くうたかたの」とか好きな人は買って損は無いと思います。俺はライター買いなんですけどね・・・コンチェルトノートからなのですが、みあそらは友人に後から聞いて値段高騰して悪夢を見てそいつに借りたのですが、あっぷりけコレクションの時にFDもろとも購入出来たので改めてプレーしてたのがこの間やっと終わりました。艦これとかソシャゲやってると意外と時間が取れないんですよね・・・最近エロゲやる機会減ったし・・・。最近は昔から気に入ってるブランドだけしか買ってませんね・・・。てか、花の野に咲くに限っては3人しか終わってねえし・・・この流れだとどう見てもシミュラクル先にやりそうです。桜花わざと残してるのが仇となったか・・・。後編は、恐らく26日にアップします。感想記事は今から書きますけどね。では、最後に予約すると貰えるこれを出しておきましょう。

画像画像

 こう言うの貰えますよ。ま、もう後5日なんで無理かも知れませんが・・・。え?もう一枚は何かって?それは近い内にもう一つの記事で書きますよ。それでは!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
館ミステリー!?無料ゲームのススメ 『月影のシミュミラクル』 の感想 (前編)   徒然日記Mk-V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる