徒然日記Mk-V

アクセスカウンタ

zoom RSS 館ミステリー!?1月27日発売の 『月影のシミュラクル』 の無料版感想 (後編)

<<   作成日時 : 2017/01/26 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

  屋敷が燃えてエンディングです・・・。どうしてこうなった!!では、いよいよ選択肢の後から本格的?な伝奇ミステリーの始まりです。
 謎の人影を追って屋敷の中を探し回るとそこは突き当りのカギの閉まっている部屋・・・の筈だった。開いている・・・そこへ行くとそこには・・・

画像


 和装の少女が・・・てか零が居た。しかし少し雰囲気が違うよう・・・そこで昼間の儀式を思い出す。この時点では主人公は昼間の人形がまだ零の演技だったと思っているので目の前の和装の零らしき人物も儀式の続きをやっているものだと勘違いする。そしてその零が「ここでは紅」と呼ぶようにと示唆され呼んでしまう。これも儀式の一つだったりするのだが、主人公はまだ知らない。そしてその後、儀式の続きで紅さんが「子作りしようや」とか言い出します。もしかしたら製品版ではここで致す選択肢も有るかも知れませんね。で、これは無料版で全年齢仕様なんで出来ません。そして主人公が紅を上手く納得させると・・・。
カプリと首筋に噛みつかれます。で吸血鬼のように、そして少し血が滲むと一応これでも儀式が成立するみたいで解放されます。で、この時に主人公がこの紅さんに腕力で負けるんですが、ここでやっと紅と零が別の人物だと気づくんですが・・・俺は正直同一人物だとは思うんですがねえ・・・人間そっくりな人形が動いている・・・う〜ん・・・零と違って身体能力がかなり高いんですが・・・別人格な方がしっくり来るんですが・・・ラストのあれ見るとなぁ・・・そこら辺も解放の羽ではっきりするんでしょうが・・・。
 そしてそんな変な出来事があった翌日!!朝から零&零パパから「体調に異常は無いか!?マジで大丈夫か!?」みたいに過剰に心配されて気になりながらも昨日の紅との出来事を零に相談すると・・・。

画像

 人形の間に連れて来られます。昨日、紅と邂逅した部屋に連れて来てこれを見せられます。人形の号は「紅-こう」・・・紅(くれない)ではなく紅(こう)と読むものらしく零の家・如月家の初代の人が作った「生き人形」らしく人間そっくりだった。それを見せられた上で零に改めて昨日の出来事を相談しようと場所を変えて打ち明けると零は「それは夢よ」と、身も蓋も無い事言われて、主人公は 「ちゃんと噛まれた後あるぜ!!」って言うのだが、それを聞いても零は若干困惑しながら昨日の婚礼の儀について語り始める。それを要約すると、主人公誠一が儀式で座り続けて蝋燭の火を見てただけで、催眠術もしくはそれに類する状態になっていたと言うものである。つまりトランス状態になっていたと言うのだ。
 それで朝から儀式の後遺症みたいなものが出て無いのか零も零パパも気にしていたと言うことらしい。零はもちろんパパも誠一もとい卯月の家は他の分家と違って損得で動いて無い親類なので心配もしていたらしい。

画像


 零自身も色々な意味で心配してたらしい(結婚の事とかね?)可愛いよ!!
と、まあ色々と昨日の紅との出来事が夢だ!!と言われても納得は出来ないけど、一応理解はしたと言う事で整理を付けた主人公・誠一君はその日の午後はこの伊沢の地での数少ない友人・忍(男子)と会うために自転車で屋敷を出て駅前で合流した。

画像
  
 そこで行きつけの喫茶店で誠一が居ない間の話を色々聞く事になる・・・その中でも衝撃的だったのが偲ぶの母親が謎の通り魔に殺害されたと言うものだった。しかもその死因が血を抜かれた・・・まるで吸血鬼にでも襲われたと言う犯行だったらしいのだ。その事や儀式その他もろもろが気になり当主でもある零のパパ兼定さんに話を聞く事に・・・そこで零の将来(誠一との結婚)や自身の火傷で半身が動かない状態についてなどの様々な事を聞く事になった。
 そしてその日の夜さっそく事態は動いた。お手伝いさんがサエさん以外帰った状態で人手が足りない中で兼定さんの介護を頼まれたのだ。お手伝さんにすぐに来て貰えば良いのだが、なんと夕方からの雨で木が道路に倒れ、道が塞がってしまったらしい、つまり車で来る事が出来ないらしい。唯一の陸路がそのような状態に・・・。サエさんは一葉ちゃんと離れに住み込みなのですぐに来れたのだが如何せん人手が足りない。なので零が助けを求めたのだった。介護も終わり、そのまま部屋に戻るも今日一日色々な事が有り寝付けないで居たので水でも飲もうと部屋を出て食堂へと向かう・・・途中で玄関を通りかかると外部からの侵入者が有る事に気付き、その痕跡が当主・兼定の部屋へと向かっている事が分かりするぐに無かとそこには・・・当主の無残な姿が・・・。更に駆けつけた一葉ちゃんが凶器を見つけて右往左往して大変な事態に・・・。

画像

  その後にすぐにサエさんや娘でもある零にも知らせ翌日には警察も到着した。倒木があったので若干遅れたようだがミステリー小説みたいに陸の孤島!!みたいにならずに済んだようです。さっそく捜査が始まったものの犯人は外部犯が濃厚のようで、一日中取り調べや調査を受けやっと解放されたのだが・・・その夜再び惨劇が!!

画像


 なんと今度はサエさんが家、つまり二人の住んでる離れに居ないと言うのだ・・・。動揺する一葉ちゃんを落ちつかせ屋敷内の捜索を開始する誠一だったが・・・探索中出会ったのがなんと・・・。

画像


 紅だった・・・。謎かけのようなはたまた誠一と戯れるようなそんな様子で終始誠一をからかいながらもサエさんの居場所を聞くと森の方を指さしそちらに居ると言う。その事を一切疑わずにすぐに了承する誠一、だが彼もバカでは無かった。紅と別れるとその足ですぐに零の部屋へと向かう・・・そしてその部屋に零は居なかった。やはり二人は同一人物なのか?そう思いながら屋敷の外の森へと向かう誠一だった。そしてそこで見たものは・・・。憔悴した様子の零と死体になったサエの姿だった・・・。そして翌日は警察の取り調べから始まり、前日と同じようなやり取りが続いた。もっとも今回は前日とは違い犯人としての取り調べを受けた。そして零や一葉それに誠一の取り調べが終わり結論が出てしまった。
 そして警察の捜査によると、今回の事件は全てサエさんによる犯行だと言うのだ。彼女の残した遺書によって判明してしまったのだ。彼女の遺書によると介護疲れから人員を増やして欲しいと要請するもそれを無碍に断られてしまい犯行に及んだらしい。そしてその罪の意識から自殺すると、そう残されていた。

画像


 やはりその夜も複雑な心境で寝られず屋敷を見て回る誠一、すると必ず出てくる紅。なぜか追いかけっこを開始するも身体能力がとんでもなく高いために追いつけない。相変わらず遊ばれている事を自覚しながらそれでも紅を追い続ける。しかしついに見失ってしまい自分の部屋に辿りついてしまい窓を見るとそこには・・・零がいた。外に出て零に全ての説明を求めようとするが・・・ここで零さんいきなり屋敷に戻ると突然屋敷爆発!!火に包まれる・・・。

画像


 そしてそのまま爆炎の中へ・・・。誠一は急いで離れの一葉を起こしに行きその足で森へと逃れるとそこにはバッグが置いてあり・・・零の最後の言葉と誠一と一葉の着替えと札束が・・・さすが金持ちのお嬢様やで・・・。一葉の学費にと自殺する前に詰め込んだようだ。その後、警察・消防などの捜索によって焼死体が見つかり零の死が確定してしまった。そして様々な後悔を残しながらエンディングへ・・・。
 結局、伊沢に居られなくなった一葉を連れ誠一は迎えに来た両親とともに家に戻る事に・・・それから暫くした後に誠一も一葉も日常へと戻った・・・。

画像


 そして道ですれ違った広い鍔の帽子に長袖の服そして包帯を巻いた女性が零に似ていたので焦るもののすれ違うだけで結局何も無かった・・・そして日常へと戻れる・・・筈だった。誠一が完全にその場を離れるとその女性、零なのか紅なのか分からない何者かが最後にニヤリと笑ってエンディングです・・・。では、いつも通りの動画集です。



 さてさて、ではここより感想&総括です。

 まず単純にこれをやった感想は「他ルートやらせろや!」でした。正直、出てすぐにやって先週またやり直したんですが、あんまり感想は変わりませんでしたね。明らかにBADエンドのこの終わりしか無かったんで、てか過去作やってりゃこれが明らかに何個かあるBADだ!!と、気付きますね。てかフラグメントでも良い感じな位ですし・・・。今作で気になるのは3点!!

@ 零と紅の関係

A 当主及び家政婦サエ殺害の本当の犯人

B 昔あった火事の本当の原因


  くらいですかね・・・後は主人公の機械触っただけで分かる能力。ま、これはどうせ初代からの隔世遺伝みたいな感じで生き人形の適正の有る人みたいな感じで因縁を付けるためって可能性が有りそうなので、そこまでは、シンセミアの主人公の羽衣やコンチェルト主人公みたいにタマに手先器用にしてもらったとか超常のものでは無いと思いますが、ここは毎回過去に何か有りますからねえ・・・そう言う意味で昔にあった火事が気になるのですよ・・・これって当主様が呪縛から解き放たれる為に人形ぶっ壊そうとしたんじゃねえかなぁ〜?とか思ったんですが・・・そんな単純な訳無いので解放の羽が楽しみです!!
 次にA、これは普通に零かなぁ・・・もしくは呪縛から逃れるために父親は紅が、サエは零がやったのかなぁ〜?とかも思いましたがこれって二人が存在する事前提なんでそれも違うし・・・。結局は@の疑問を解消しないと他も分からないんですよねえ・・・。公式で紹介されてるけどこれはやはり着替えただけのような気もするんですが・・・なら零ちゃん凄い早さで着付けしてるんですよね・・・これ・・・物理的に無理じゃね?とか思いましたし・・・まさか最近流行りのマジックテープ着物じゃないだろうしねwww
 ま、着替えとかしょ〜もないのは良いとして2人が同一人物とは思えない演出が多いのですが・・・多いのですが・・・やはり二重人格のような気がするんですよねえ・・・人形をトリックに使ってラストは生き伸びたと考えれば零は自分の人格ごと自殺しようとしたけど結局飲まれてしまった。そして紅の方はあの夜誠一と出会ったがために封印が破られてしまったと・・・。人形は完全なフェイク!?だと思うんですが・・・これはアス発売の月影のシミュラクル-解放の羽-を買うしか有りませんね!!いや、マジでトゥルーは楽しみにしてます!!パッケージで零ちゃんが明らかに助け求めてるのが無料版と違うので解放されて欲しいですね!!

  あ、「緋のない所に烟は立たない」の製品版の方はシミュラクル終わって、緋のないの製品版終わったら無料版の部分の感想書いて行きます。あ、動画だけは上げてるんで。よろしくです。



二つとも明日発売!!楽しみです!!それでは!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
館ミステリー!?1月27日発売の 『月影のシミュラクル』 の無料版感想 (後編) 徒然日記Mk-V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる